【ネタバレ】世にも奇妙な物語 ’17春の特別編「ノック」で流れた音楽は小沢健二のドアノック。面接時には3回ノックが無難 (ぶなん)らしい。

knock1

スポンサードリンク

昨日放送された、『世にも奇妙な物語 ’17春の特別編』。

俺は、放送当日には、見れなかったので、

「世にも奇妙な物語 2017 動画」で検索して、ネットで動画見てみた。

今回は、その中の、「ノック」って話の説明です。

「ノック」の出演者

ショートショートの、「ノック」って話は、渡邉剣 (わたなべつるぎ)って20歳の俳優が主人公。

yonimo-kimyou-tsurugi

「ノック」のストーリー

knock1-2

面接直前、腹痛で、トイレに駆け込む、新卒風のスーツ姿の主人公 (渡邉剣)。

knock2

大トイレのドアがどれも閉まっている。

1つ目のドアを2回、コンコンっと、ノックすると、2回ノックの音が帰ってきた。

knock3

2つ目のドアを2回、コンコンっと、ノックすると、「入ってます。」っと返事が。

knock4

3個目のドアを3回ノックすると、「どうぞ。」と、返事が。

knock5

主人公は、「え??」と、一瞬とまどう。

knock7

(ここで、小沢健二の、「ドアをノックするのは誰だ?」が流れる。)

礼儀正しく、「失礼します。」と、言って、おそるおそる、トイレの中に入って行く。

knock8

という、とんでもなく短いストーリー。

ん?なんのこっちゃ。って思いました。あまりにも短いし、まるで、小沢健二 (おざわけんじ)の、「ドアをノックするのは誰だ?」のミュージックビデオ?かCMか?みたいな感じでした。

knock-last

「ノック」って話の意味。ノックの回数が問題だったらしい。

なんかニートな俺には、見ても全く意味が、わからなかった「ノック」って話。俺と同じ様に意味不明に思った奴が居たみたいだが。


Twitter見たらようやく意味が分かった。


どうやら社会人は、部屋に入る時は3回ノックするようだ。
そんなのニートは知らねえよ。

どうやらヨーロッパではトイレのノックは2回、それ以外の部屋の場合は3回以上、

日本のビジネスマナーでは、オフィスや面接ではノックは3回だと言われているらしい。

流れていた歌は、小沢健二 (おざわけんじ)さんの歌です。

ちなみに流れていた曲は、19年振りにシングル「流動体について」を発売して復活した小沢健二 (おざわけんじ)さんの、「ドアをノックするのは誰だ?」ですね。

小沢健二さんのファンの間では、「ドアノック」と言われる、有名曲です。

小沢健二 (おざわけんじ) 8thシングル『ドアをノックするのは誰だ?』(1995年)高画質ジャケット画像

ドアをノックするのは誰だ

新品価格
¥2,400から
(2017/5/1 21:32時点)

ちなみに私は、オザケンこと、小沢健二さんの歌を良くパソコンで聴くので、世にも奇妙な物語を結構適当に見てたので、「ん?パソコンがおかしくなってiTunesが開いてオザケンの歌流れたのか??」

と思ったんですが、本当に「世にも奇妙な物語」で流れてて、笑ってしまいました。

小沢健二 (おざわけんじ)さんの歌詞を、タモリさんは非常に評価しており、タモさんとオザケンは仲がいいみたいなので、Twitterでは、「タモリさんの選曲??」などと、小沢健二さんのファンのつぶやきが増えました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です