【吉報】ニートにとって、円高 (えんだか)はいいのか?悪いのか?【結論】ニートには、円高が良いと思います。

1yen

スポンサードリンク

どうも。ニート太郎です。

円高 (えんだか)と円安 (えんやす)、ニートにはどちらが良いのか??

最近、イギリスが、EUを脱退するなど、円高 (えんだか)に、どんどんなっていますが、これは、ニートには良い事なのか?

悪い事なのか?というテーマで書かせて頂きます。

まず、通常、円安 (えんやす)になるとどうなるでしょうか?

安倍政権 (あべせいけん)は、アベノミクスという経済政策を打ち出して、円安を目指していますね。

一般的に言われるのは、円安になると、物価 (ぶっか)が上がって、給料 (きゅうりょう)も上がるってやつです。

確かに給料が上がるのは嬉しいですが、そもそもニートには給料がありません

ニートにはデメリットしかありませんね。物価が上がるだけです。

また、給料が上がると言っても、会社の上層部はかなり給料が上がっても、

下っ端は、物価の上昇を補えないくらい。給料はちょこっと上がるだけ。なんてのが現実です。

いわゆる、下っ端のサラリーマンもデメリットしかないです。

オレらの貧乏人が食べる牛丼なんかが無駄に値上がりして、給料も上がんねえし。くそー。みたいな感じです。

そして、金持ちは更に金持ち、貧乏人は、更に貧乏。

それがオレが思う円安です。

逆に円高 (えんだか)になるとどうなるか?

円高になると、一般的に、給料は下がり、物価も下がります。

しかし、ニートにはそもそも給料がありませんので、物価が下がるだけです。良い事しかありませんね。

政府がしっかりしていれば、そもそも物価というものは、下がるものなんです。

またニートは通常、生産を行いません。生産業ではありませんので、日本の製品を作って、海外に売るなんて事もニートにはできません。

ですので、海外で日本の製品が安くなって売れるようになったとしても、そんなの関係ねえ。です。

ニートは円高 (えんだか)を喜ぼう。

逆に、円高になると、ニートは、ネットで稼ぎやすくなります。海外のオークションサイト、ebay等で、海外のものを仕入れて、日本で売る事で、ニートでも簡単に利益が出せるようになるのです。円高になると、海外のものがめちゃくちゃ安く購入できるからです。

それを日本でヤフオクなんかで売るだけで稼げます。

日本で日本のものを仕入れて売るのは、利権やらなんやらで難しかったりします。そういう場合は海外から仕入れたら良いのですが、円安だと、海外で仕入れしてもあんまり儲かりません。円高ならウハウハです。

円高になると、海外で物を安く買える上に、日本国内の物価も下がるので、日本の商品も安く買えます。

基本、収入が少なかったり、収入がない人間にとっては、円安なんて、地獄 (じごく)でしかありません。物価が上がって辛 (つら)いだけです。

そもそも、日本という国の信用の結果が円高です。

信用があるからこそ、円高になるのに、政策で円安にするというのが、ニートのおれの頭では理解できません。

よってニートにとっては円高が一番いいです。

円安で儲かるのは、既に利権 (りけん)を持ってて、稼げる事が約束されている連中だけです。

そして、そういう奴等は、円高になろうが円安になろうが稼ぐ術をもっていますので、そいつらの心配をすることもありません。

オレらニートなら円高を喜ぶべきなのです。

また、それならば社会人ならばどちらを喜ぶべきなのか?

この場合は簡単です。その会社の社長とかいう、所謂 (いわゆる)上の奴等が喜ぶ方でいいのです。

会社というのは、法人格 (ほうじんかく)と言われていて、1人の独立した人格なのです。略して法人と言います。

なので、その会社、ひいては、その会社の上の方の奴が儲かれば、それが良いという事になります。

下っ端がどんなに給料が上がらなくても、会社が儲かれば成功なのです。

なので、上が喜んでたら「おれも嬉しいです。」とか言ってたらいいです。

そのうち下の奴も給料が上がります。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です