【カスラックがくだらないCM】JASRACが音楽配信&著作権徴収アプリ開発??すればいいんじゃないだろうか

スポンサードリンク

カスラックと言われる、音楽著作権管理団体、JASRAC (ジャスラック)が、嫌味 (いやみ)なCMを流しているのが話題になっている。

JASRACがテレビCM 「店舗でBGM利用には手続き必要」と呼び掛け

日本音楽著作権協会(JASRAC)は8月8日、市販のCDやネット配信された音源などJASRAC管理楽曲をBGMとして店舗で利用する場合、著作権の手続きが必要であることを周知するテレビCM「BGM手続き推進」編を、13日から北海道地区で、21日から四国地区でオンエアすると発表した。14日からWebサイトでも公開する。

CMではタレントの金子仁美さんが、「JASRACからのお願いです。お店でのBGM使用は著作権のお手続きが必要となります。お手数ですがJASRACまでお問い合わせ、お願いします」とアナウンス。「いい音楽をもっと。」というテロップを表示した後、「JASRAC」で検索するよう促す。「作詞者・作曲者などへの使用料の還元を通して、音楽文化の発展に寄与するというJASRACの信念を込めた」としている。長さは15秒。

JASRACは7月、JASRACの管理楽曲の利用手続きをしないまま違法にBGMに利用しているとして、北海道札幌市の理容店と香川県高松市の飲食店に対し、管理楽曲の使用禁止と損害賠償を求めて提訴したと発表している。同様の提訴はこれが初という。

引用元:産経ニュース (http://www.sankei.com/economy/news/170808/ecn1708080028-n1.html)

ニート太郎がこの記事を読んで思ったこと。

このJASRAC (ジャスラック)の話を聞いてみんながJASRAC (ジャスラック)をカスラックだというのは、全く当然のことだと思う。

このくそCM作るためにかかった費用は?

著作権者に100パーセント還元されてるならまだしも、お前らの懐に入ってんだろって話。

しかも、その配分もお前らの胸三寸なわけで、本当に、再生された音楽を作った人にきちんと配分されてるのかもわからない。

JASRAC (ジャスラック)がいくら懐にしまい込んでるのか?お前らの懐を肥やすためにお金を払いたくないってのが普通の人の心情。

ニート太郎が鮮やかに考えた解決策

JASRAC (ジャスラック)が、音楽の著作権を管理してるっていうなら、

JAS RAC  (ジャスラック)管理の全楽曲を、店舗向けの高音質で音楽を再生、できる、音楽著作権徴収アプリを開発する。

あ。JASRAC (ジャスラック)じゃないやつが作ったほうがいいか。

自分の店で流した音楽が、きちんと著作権者にいくら支払われるのか、自分の目で確認できるアプリ。

Apple (アップル)がiTunes (アイチューンズ)を作って、レコード会社を集めてiTunes Storeを作った時のことを、もっかいやればいい。

できたらYoutubeみたいにアップロード機能があれば、レアな音源の著作権者にもきちんと支払われるようになるんじゃなかろうか。

全楽曲を再生できるアプリ。

アプリの開発費、サーバーの稼働費以外は、100パーセント、著作権者に還元される仕組み。

できたら、BitCoin (ビットコイン)みたいに、全世界のパソコンがサーバーになって、マイニングもできるようにすれば、本来JASRAC (ジャスラック)が勝手に搾取していた手数料も、個人が獲得できたりするの。

こういうのできたらJASRACなんていらなくなるんじゃないかと妄想してみた。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です