【レビュー】2017年 久宝寺緑地のプールにニートの俺が一人で、行って後悔した話。緑地公園 大阪府八尾市

pool2017

スポンサードリンク

一人で久宝寺緑地のプールに行ってきたニート太郎

今日 (2017年8月3日)は大阪府八尾市にある、久宝寺緑地 (きゅうほうじりょくち)のプールに、一人で行ってきました。

小さい頃は久宝寺緑地の近くに住んでいた俺は、中学生頃まではよく行ったものでした。

しかし、大人になった俺は、行った後、非常に後悔 (こうかい)しました。

行く前の気持ちとしたら、「平日だと人も少なくて、のんびりできそうだ。」とか、思ってました。

京都の、くらま温泉に一人で行くときは、平日に行くと、人も少なくて、観光しに来てる海外の方がおられたりして、観光気分を味わえて、本当にのんびり、リフレッシュできるので、なんかそんな気分になるかと思ってました。

しかし、ニートの男、一人で行くような場所ではなかったのです。

結果は、めちゃくちゃ、くそつまんなかったです。

しかし一応どうだったか書こう。

いざ、久宝寺緑地へ

久宝寺緑地に着くと、外側に、プール開園!!の看板が。

おお。楽しみである。

IMG_5162

久宝寺緑地の中にプールがあります。

わくわく。

IMG_5165

プールの料金

  • 料金:大人830円 中学生420円
    小人(4歳~小学生)210円※幼児は成人の同伴者1人に付き2人まで入場できます。3歳以下は無料です。
    ※障がい者と介添者1名は免除

まぁ大人830円、これはニートな俺にはかなりの高額だ。

ぼったくりと言ってもいい価格。

中学生の420円くらいが適正価格ではなかろうか。

この価格はおかしいだろと思う。

IMG_5166

とは言いつつ、わくわくしながら、券売機でチケットを購入して中へ。

IMG_5167

男性用と女性用のロッカールームが分かれています。

しかし、悲劇が待ち受けていたのです。それは…。

コインロッカーの改悪

IMG_5168

昔 (俺が子供の頃)は、ここのコインロッカーは、お金は返却されるタイプのロッカーでした。

(なぜ覚えてるかと言うと、他人がとり忘れた100円玉を、回収して小遣いにしたりしていたのだ。)

なんと改悪。

1回使うごとに100円取られるのだ。

どうやら、プールの施設内で、焼きそばとか売ってるらしいので、多少お金をあらかじめ持って行きましょう。

全てコインロッカーに預けると、何か買い物をしようとロッカーに戻るたびに100円取られます。

床が熱い。サンダルは忘れずに。

IMG_5181

床が熱い。

なんとなしにふらっと行った俺はサンダルなど持ってこなかった。

もう熱くて仕方がない。鉄板のようだ。

カイジの焼き土下座を思い起こさせる。

黄色い部分は何とか無事に歩ける。

久宝寺緑地のプールに行くならサンダルは必須だ。

もし行く人は気をつけてくれ。

まぁ、せっかくなので軽く泳いだりした。

そこそこ気持ちいい。

平日の久宝寺緑地のプールの客層

しかし客層は、若いお母さんとお父さんと、小さい子供たちの家族で来ている人たち。

もしくは中学生くらいの友達同士で遊びに来ている子供たち。

しかいない。

俺のように一人で来てるいい歳をした大人は、なんと、一人もいないのだ。

18から20前半の女子がわいわい来てるなら、目の保養にもなったかも知れないが。

俺の目に映るのは、中学生の水着姿。

なんか居心地が悪い。

俺くらいの年齢のやつが、一人で来てたら、ロリコンだと思われそうだ。

プール施設内に屋台的なのがある。

居心地も良くないので、二階に焼きそばとか売ってるらしいので、行ってみた。

からあげ丼 (500円)を購入。

IMG_5176

そこそこ美味しい。

まぁ唐揚げ丼がまずいとかありえないが。

二階から見下ろす、久宝寺緑地のプール全貌。

IMG_5175

ラジオ体操の時間があり、みんなプールから上がってる状態。

小さい頃は広いと思ってたけど、全体見てもそんなに広くないね。

移動するたびに、足が焼けそうに熱い。

これ言うの二度目だけど、久宝寺緑地のプールに行くならサンダルは必須だ。

みんなサンダル持ってきてた。行き慣れてる人はわかるんだろうけど。

野外プール初心者の俺は、おそらく初歩的っぽい事もわからなかったのだ。

なので、早めにプールを出ることにした。

1時間居ただろうか。

プールを出た後の屋台では、冷やし飴がもう売っていなかった。

出たところの屋台で、昔は、冷やし飴が売ってたので、飲もうと思っていたが。

IMG_5186

玉子せんべいと、フライドポテトとフランクフルトしかないではないか。

お店の人に伺ったところ、もう2年ほど前に、冷やし飴を売らないようになったのだとか。

理由は、「今の若い子は飲まないから、売れないから。」らしい。

またもや、俺にとっての改悪。

土日は、かき氷なども売ってるらしい。

なので、まぁせっかくなのでフランクフルトだけ買った。

昔は、焼きとうもろこしが売ってたり、屋台も賑わってたのにな。

IMG_5188

久宝寺緑地のプールに、ニートが一人で行った感想

小さい子供がいて、連れて行く場合、自分自身が中学生未満だった場合は、安いし、行ってもいいかもしれないが、

大人一人で830円は高すぎるし、コインロッカーに100円取られるし、この料金設定が変わらないのなら、多分二度と行かないだろうなと思った。

料金設定がおかしいぜ。

あと、プールの後に飲む、冷やし飴は、関西の文化。

それがないと風流を感じられない。

文化を大切にしないのは、俺はつまらんと思う。


大阪名物 冷やし飴 カタシモのひやしあめ 濃縮 550ml×12本(1ケース)


京のひやしあめ 1本 (冷やし飴:なつかしいあめの飲み物)


サンガリア ひやしあめ あめゆ 190g缶 30本入〔冷やし飴 あめ湯 ひやし飴 飴湯〕

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です