【全文書き起こし。】松居一代のYoutube『【 第2弾 】 船越英一郎 裏の顔』

matsuikazuyo-youtube-02-01

スポンサードリンク

以下、全文書き起こし

matsuikazuyo-youtube-02-01 matsuikazuyo-youtube02-02 matsuikazuyo-youtube-02-03

今の時刻は2017年7月5日深夜の12:34です。こんな真夜中にみなさんにこんな動画をお見せしなければいけない。とっても心苦しいです。ほんとにごめんなさい。

でも、どうしてもお伝えしなければいけない事態が起きたんです。

それは、週刊文春が私をだましたからです。とっても汚い手を使ってあたしをだましました。だからみなさんに、真夜中なんですけど急遽お伝えしないといけないことができたんです。

それはあたしの夫・船越英一郎のことです。あたしは、彼と出会ったのは1996年でした。

テレビショッピングの司会としてあたしと船越は初めて出会ったんです。

出会った瞬間からあたしはステキな人だなと思いました。それから、ずーっとあたしは彼を愛し続けて彼が俳優として上に行ってくれること、それだけを願って妻として生きていました。

2001年に結婚したときには、船越の両親が、とてもとても反対されました。お父さんは日本刀をぬいたんです。でも、船越はあたしと息子を守ってくれたんです。年上でバツイチで子連れのあたしを妻にしてくれました。息子も、自分の子供に、籍に入れてくれたんです。

あたしはほんとうに彼には感謝で感謝でもう言葉では表現できないくらい夫の船越に感謝をしていました。彼を信じていました。彼は絶対あたしを裏切らないと思っていました。一生添い遂げるんだと思っていたんです。

でも、船越英一郎はあたしを裏切っていたんです。それも大変恐ろしいことをしてあたしを裏切っているんです。

裏切りながらまるで紳士のような顔をしてテレビにでていますけれども、とんでもない男です。
あたしはこれからここで、船越英一郎の裏の顔を、ほんとうのやつの顔をここでお話しします。

あたしはとっても苦しんできました。この女性誌です。一社です。これは。この女性誌にウソを並べ立てられて、ほんとうに苦しんできました。恐ろしい尾行でした。

matsuikazuyo-youtube-02-04

一番最初にでたのはこの週刊誌です。この週刊誌で船越が絶えて忍んだ15年。この記事がでたんです。あたし自身が一番びっくりしました。この記事がでることが船越のノートに書いてあったんです。

2冊目。2冊目もあたしが徘徊している、徘徊しているということがこの週刊誌に書いてありました。徘徊なんてしていません。この写真はあたしがスーパーマーケットからでてきた写真です。でも、この発売も船越は全部以前からノートに書いていたんです。
このポルシェです。みなさんにこの間ブログを書きました。

「ポルシェ夫におねだり、1800万円ポルシェをゲットで高笑い」

このころからあたしはたいへんおかしいと思っていました。仕組まれていると思っていたんです。

深川のお父様にポルシェ新車がきたときに、お祓いにいくとき、あたしはこの地球上でたった一人、夫の船越英一朗にしか告げませんでした。その日はあたしはバックミラーで見て、後ろから尾行されてないか何度も何度も何度も確認しています。

ところがです。これにはちゃんと写真が載っているんです。ここは普通撮れるような場所じゃありません。とてもあたしはショックでした。本当に、何が起きたのかわかりませんでした。

それでもあたしは夫を愛していました。生涯、この人と添い遂げたいとあたしは思っていました。彼のためならば私は命を投げ出せるそう思っていたんです。

そんな船越は、元気そうな顔をしてテレビ出ていますが大変な糖尿病です。二型の糖尿病にかかっています。

みなさんこの表を見てください、これです。あたしはあまりにも彼が心配でずっと表にしてつけていました。2008年です。東大病院の上に日本一だと言われる人間ドックがあります。そこで船越に、人間ドックを受けてもらったら糖尿病だとわかったんです。それが2008年でした。

でも、彼は全く治療しませんでした。私はすごく心配で、何度も治療してほしい、あなたがいなくなったら、すごくいいました。でも彼は聞く耳をもちませんでした。

それは、健康食品のイメージキャラクターをつとめていたからです。船越とホリプロはテレビの前の皆さんを騙し続けてきたのです。

2015年です、皆さん、この2015年にはヘモグロビンA1Cが9.3です。9.3まで上がってしまったんです。わたしはもう、仕事どころじゃないと夫になんとか入院をして治療をしてもらいたい、あたしと息子のために。そう思って順天堂の大学病院の特別室も予約しました。

お医者さんも二人決めてお願いしたんです。でも彼はそれでもしませんでした。ヘモグロビンA1Cが9.3まで上がっているのにも彼は治療を一切しなかったんです。契約金は約2500万でした。

彼はあたしに契約金がなくなったらどうするんだとそう言い続けてきたんです。彼は全く治療しないのでその間に顔面麻痺も2回襲われました。本当にどんどん体重も減ってきました。いくら言っても聞く耳を持たなかったです。ところがです。最近はかなりしんどいんだと思います。
最初はこの薬を飲んでいました。ところがこれではもうだめなんだと思います。次にこれ倍の薬を今飲んでいます。糖尿病になると皆さんどうなるかおわかりですよね。男性は残念ですが勃起不全になります。

船越は2008年から勃起不全でした。でも私は彼を本当に愛していましたので夫婦生活がなくったって手をつないで寝ているだけで幸せでした。彼がそばにいるそれだけで私は嬉しかったんです。でも私は大変なことを知ったんです。2015年の春からです。
夫の船越英一郎はみなさん、バイアグラってご覧になったことありますか。これです。厚生省で日本で許可が出ているのは50ミリです。彼が飲んでいるのはその倍です。日本で許可が出ていない100ミリのバイアグラを頻繁に使ってセックスしているのです。

みなさん彼の顔をよく見て下さい。三年前の顔と、今のあのにやけた顔、全く違います。このバイアグラを飲み続けて女性とセックスし続けて、妻を裏切り続けて彼はサスペンスの撮影をしていたのです。

みなさん、バイアグラは怖いです。日本に許可が出ていない100ミリを船越英一郎は飲み続けているのです。もう飲んで2年半近くになります。

こんな恐ろしいこともありました。去年の11月の11日でした。彼はハワイでつや姫、お米ですね、のキャンペーンをするために山形県の知事さん、県会議員のみなさまとハワイに行っていたんです。

昼間はみなさんとキャンペーンをしていました。しかしです、夜はホテルでこのバイアグラを使って、セックスをしまくっていたんです。どうもこの100ミリ、100ミリを使うと10時間近くの勃起があるそうです。

羽田空港から戻ってきて11月11日の夜、私のところで帰ってきました。その夜は主人のマンションで二人で寝ることになったんです。二人で寝ていたところです、時間は深夜の二時半すぎでした。

船越は心臓を抑えて「はーーーーー!!」っていったんです。私はぐっすり寝ていたんですけど、あまりの悲鳴に飛び起きました。すると、彼の体はもうバケツで水をかぶったようにドボッドボになっていたんです。寝ていたシーツもドボドボでした。絞れるぐらいになっていたんです。本当にあたしはもう救急車をよばないといけない。そんな具合でした。

彼の背中をさすって。それで帰ってきたその夜にその副作用が出たんだと思います。バイアグラは世間でいうと心臓に負担がかかるっていいます。糖尿病です。2015年はヘモグロビンA1Cが9.3まで上がっている人です。

その人がこの日本で許可が出ていない、このバイアグラ100を飲んでいるんです。それは心臓もかわいそうだと思います。これらをどこで見つけたかは、他にもありますけれども彼は平気でこれを、こういうゴミで捨てるときにこんなふうに風に彼が飲んでるタバコです。

今の時刻は2017年7月5日深夜の12:34です。こんな真夜中にみなさんにこんな動画をお見せしなければいけない。とっても心苦しいです。ほんとにごめんなさい。

でも、どうしてもお伝えしなければいけない事態が起きたんです。それは、週刊文春が私をだましたからです。とっても汚い手を使ってあたしをだましました。だからみなさんに、真夜中なんですけど急遽お伝えしなければならないことが起きたんです。

それはあたしの夫・船越英一郎のことです。あたしは彼と出会ったのは1996年でした。テレビショッピングの司会としてあたしと船越は初めてであったんです。

出会った瞬間からあたしはステキな人だなと思いました。それから、ずーっとあたしは彼を愛し続けて彼が俳優として上に行ってくれること、それだけを願って妻として生きていました。

2001年に結婚したときには、船越の両親がとてもとても反対されました。お父さんは日本刀をぬいたんです。でも、船越はあたしと息子を守ってくれたんです。年上でバツイチで子連れのあたしを妻にしてくれました。息子も自分の子供に、籍に入れてくれたんです。

あたしはほんとうに彼には感謝で感謝でもう言葉では表現できないくらい夫の船越に感謝をしていました。彼を信じていました。彼は絶対あたしを裏切らないと思っていました。一生添い遂げるんだと思っていました。

でも、船越英一郎はあたしを裏切っていたんです。それも大変恐ろしいことをしてあたしを裏切っているんです。裏切りながらまるで紳士のような顔をしてテレビにでていますけれども、とんでもない男です。
あたしはこれから船越英一郎の裏の顔をほんとうのやつの顔をここでお話しします。あたしはとっても苦しんできました。この女性誌です。この女性誌にウソを並べ立てられて、ほんとうに苦しんできました。恐ろしい尾行でした。

一番最初にでたのはこの週刊誌です。この週刊誌で船越が絶えて忍んだ15年。この記事がでたんです。あたし自身が一番びっくりしました。この記事がでることが船越のノートに書いてあったんです。

2冊目。2冊目もあたしが徘徊している、徘徊しているということがこの週刊誌に書いてありました。徘徊なんてしていません。この写真はあたしがスーパーマーケットからでてきた写真です。でも、この発売も船越は全部以前からノートに書いていたんです。
このポルシェです。みなさんにこの間ブログを書きました。「ポルシェ夫におねだり、1800万円ポルシェをゲットで高笑い」このころからあたしはたいへんおかしいと思っていました。仕組まれていると思っていたんです。

深川のお父様にポルシェ新車がきたときに、お祓いにいくとき、あたしはこの地球上でたった一人、夫の船越英一朗にしか告げませんでした。その日はあたしはバックミラーで見て、後ろから尾行されてないか何度も何度も何度も確認しています。

ところがです。これにはちゃんと写真が載っているんです。ここは普通撮れるような場所じゃありません。とてもあたしはショックでした。本当に、何が起きたのかわかりませんでした。

それでもあたしは夫を愛していました。生涯、この人と添い遂げたいとあたしは思っていました。彼のためならば私は命を投げ出せるそう思っていたんです。

そんな船越は、元気そうな顔をしてテレビ出ていますが大変な糖尿病です。二型の糖尿病にかかっています。

みなさんこの表を見てください、これです。あたしはあまりにも彼が心配でずっと表にしてつけていました。2008年です。東大病院の上に日本一だと言われる人間ドックがあります。そこで船越に、人間ドックを受けてもらったら糖尿病だとわかったんです。それが2008年でした。

でも、彼は全く治療しませんでした。私はすごく心配で、何度も治療してほしい、あなたがいなくなったら、すごくいいました。でも彼は聞く耳をもちませんでした。

それは、健康食品のイメージキャラクターをつとめていたからです。船越とホリプロはテレビの前の皆さんを騙し続けてきたのです。

2015年です、皆さん、この2015年にはヘモグロビンA1Cが9.3です。9.3まで上がってしまったんです。わたしはもう、仕事どころじゃないと夫になんとか入院をして治療をしてもらいたい、あたしと息子のために。そう思って順天堂の大学病院の特別室も予約しました。

お医者さんも二人決めてお願いしたんです。でも彼はそれでもしませんでした。ヘモグロビンA1Cが9.3まで上がっているのにも彼は治療を一切しなかったんです。契約金は約2500万でした。

彼はあたしに契約金がなくなったらどうするんだとそう言い続けてきたんです。彼は全く治療しないのでその間に顔面麻痺も2回襲われました。本当にどんどん体重も減ってきました。いくら言っても聞く耳を持たなかったです。ところがです。最近はかなりしんどいんだと思います。
最初はこの薬を飲んでいました。ところがこれではもうだめなんだと思います。次にこれ倍の薬を今飲んでいます。糖尿病になると皆さんどうなるかおわかりですよね。男性は残念ですが勃起不全になります。

船越は2008年から勃起不全でした。でも私は彼を本当に愛していましたので夫婦生活がなくったって手をつないで寝ているだけで幸せでした。彼がそばにいるそれだけで私は嬉しかったんです。でも私は大変なことを知ったんです。2015年の春からです。
夫の船越英一郎はみなさん、バイアグラってご覧になったことありますか。これです。厚生省で日本で許可が出ているのは50ミリです。彼が飲んでいるのはその倍です。日本で許可が出ていない100ミリのバイアグラを頻繁に使ってセックスしているのです。

みなさん彼の顔をよく見て下さい。三年前の顔と、今のあのにやけた顔、全く違います。このバイアグラを飲み続けて女性とセックスし続けて、妻を裏切り続けて彼はサスペンスの撮影をしていたのです。

みなさん、バイアグラは怖いです。日本に許可が出ていない100ミリを船越英一郎は飲み続けているのです。もう飲んで2年半近くになります。

こんな恐ろしいこともありました。去年の11月の11日でした。彼はハワイでつや姫、お米ですね、のキャンペーンをするために山形県の知事さん、県会議員のみなさまとハワイに行っていたんです。

昼間はみなさんとキャンペーンをしていました。しかしです、夜はホテルでこのバイアグラを使って、セックスをしまくっていたんです。どうもこの100ミリ、100ミリを使うと10時間近くの勃起があるそうです。

羽田空港から戻ってきて11月11日の夜、私のところで帰ってきました。その夜は主人のマンションで二人で寝ることになったんです。二人で寝ていたところです、時間は深夜の二時半すぎでした。

船越は心臓を抑えて「はーーーーー!!」っていったんです。私はぐっすり寝ていたんですけど、あまりの悲鳴に飛び起きました。すると、彼の体はもうバケツで水をかぶったようにドボッドボになっていたんです。寝ていたシーツもドボドボでした。絞れるぐらいになっていたんです。本当にあたしはもう救急車をよばないといけない。そんな具合でした。

彼の背中をさすって。それで帰ってきたその夜にその副作用が出たんだと思います。バイアグラは世間でいうと心臓に負担がかかるっていいます。糖尿病です。2015年はヘモグロビンA1Cが9.3まで上がっている人です。

その人がこの日本で許可が出ていない、このバイアグラ100を飲んでいるんです。それは心臓もかわいそうだと思います。これらをどこで見つけたかは、他にもありますけれども彼は平気でこれを、こういうゴミで捨てるときにこんなふうに風に彼が飲んでるタバコです。

 

こんな風に捨てて平気でゴミ箱に共同のゴミ場所に捨てていたんです。考えられません。それがです。芸能人、そして俳優・船越栄一郎のすることかと思います。

船越英一郎はその会員制ホテルに身を隠してこのバイアグラを飲み続けてです。バイアグラの100ミリです。これを飲み続けてセックスし続けているんです。

そして、自分は被害者のような顔で離婚をしようとしているんです。私を悪者に仕立てて、自分は被害者です。被害者のような顔を装って離婚をしようとしてるんです。そして、あたしの財産を奪い取ろうとしています。

それが、このノートです。このノートに船越英一郎のノートに書いてあったんです。あたしは、2017年4月22日、もうあまりの辛さに命を絶とうと思いました。

年老いた両親も残して息子も残して私は命を絶とうとしたんです。死に場所は、夫のマンションだと思いました。早朝です。夫は、その日もベーコートに泊まっていました。何度ベーコートの下で私は朝まで泣いて過ごしてきたかわかりませんでした。
死のうと思っていた私はこのノートを見つけたんです。船越英一郎のノートです。これは。このノートの中に私がおかしいと思っていたことがすべて書いてありました。すべてです。

あたしの財産も女と一緒に奪い取ろうとしてあることも書いてありました。週刊誌も不思議なことに発売前から書いていました。第一弾、第二弾と書いてました。彼に犠牲者のような顔をして別れるためには嘘を並べ立てる必要があったのだと思います。
夫の船越英一郎がこのバイアグラ100ミリを使ってセックスしてた相手です。その相手は私のとっても仲のいい友人?親友?でした。彼女はゴッドハンドと言われてエステシャンです。ハワイのカハラに住んでます。彼女にはご主人がいます。

幼いお嬢ちゃんもいます。家族ぐるみでお付き合いしていました。でもいつのまにか、私の夫と私の非常に仲のいい女友達がこのバイアグラを使ってセックスする仲になっていたんです。
信じられませんでした。本当に私は夢を見ているようでした。でもこの話はハワイでは知らない人はいないそうです。ハワイの友人から、何度も電話がかかってきました。知らないの?って、夫婦気取りでいるわよって。

でもあたしは夫が帰ってきてくれたら、また二人で過ごしたい、全部忘れようとそう思っていたんです。そのぐらい大事な大事なあたしの夫だったんです。ところがあたしの女ともだち、彼女とは旅行にも何度も行きました。シンガポールにも行きました。
しかしです。その女ともだちと彼は、人妻です。彼女は子供がいるんです。その女性とセックスをし続けたわけです。そしてこのノートにです。彼女の来日記録はしっかり書いていました。そして、これが船越栄一郎のパスポートです。信じられないぐらいハワイに行っていたんです。あたしには何にも告げずほんの数日でも彼はハワイに行っていました。
彼女は虎ノ門ヒルズでエステの部屋を借りています。夫はそこをずっと訪れそして二人でわからないようにベーコートに身を隠してセックスをし続けてきたんです。

糖尿病です。バイアグラです。そしてあたしのとっても仲のいい友人とのセックスです。あたしは苦しみました。1年5ヶ月本当に苦しみ続けました。
そしてこの週刊誌です。この週刊誌にずっと並べたてられて、私は本当に谷底へ突き落とされてきたんです。でも、全部を知ったんです。死ねませんでした。だから、どうしたらいいだろうと考えたとき、今、船越英一郎が所属するホリプロの圧力に勝てるのは週刊文春しかないと私は思ったんです。

だから一通の手紙を新谷編集長に書いたんです。でも、私は裏切られました。本当に信じられないようなことが起こったんです。みなさんにもう真実をお伝えする方法はもう、このユーチューブしかありません。私が話していることはすべて真実です。命をかけてお話しています。嘘は絶対につきません。

松居:さあ、お願いします。
船越:11月14日、浮気をしていません。
松居:2016年ですか?
船越:はい
松居:ほんとですね、お父さん?
船越:はい
松居:ほんとですか?
船越:はい
松居:神に誓いますか?
船越:はい
松居:ほんとですね?
船越:はい
松居:私はあなたのことを世界で一番愛しています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です