情報弱者を養分に育つ仮想通貨ADA (エイダ)コインとは?2018年、BIBの久田和広さんのトークを聞きました。マルチまがい商法。詐欺

ada

スポンサードリンク

やあ。ニート太郎です。

仮想通貨って勉強すれば勉強するほど面白いですね。

今回は、ADACOIN (エイダコイン)についてのお話です。

はっきり言って、ニート太郎は、みなさんに、エイダコインはお勧めできません。

おそらく、今後、まともな発展はしない通貨だと思うのと、胡散臭すぎるからです。

でも買うと儲かるかもしれません。

エイダコインは、情報弱者をターゲットにして、金集めをしているだけの、詐欺コインという印象でした。

その理由など、説明させていただきます。

資金集めの方法はネットワークビジネス (マルチまがい商法)

http://www.excmember.com/

昨日僕、ニート太郎は、たまたま、「仮想通貨のセミナーがあるから」と、友達に誘われて行ってみたんですけどね。

本当ひどかったんですよ。

「情報弱者。」というか、「頭は悪いけど、金は欲しい。」みたいな低脳の悲しい人たちの集まりだったよ。

仮想通貨のセミナーというよりは、典型的なネットワークビジネスでしたね。

「騙している人間」と「騙されてる人間の集団」にしか見えなかったね。

仮想通貨の勉強というよりは、詐欺師の手口を見に行ったみたいな感じだったよ。

あと、絶対言っちゃいけないはずの言葉、

「絶対儲かる。」

も言ってました。

セミナーの、スピーカーの話のレベルが超低い!?スピーカーの方のお名前は、久田和広 (ひさだかずひろ)さん。

今回のセミナーのスピーカー (話し手。講演者。)の方は、久田和広 (ひさだかずひろ)さんという方だそうです。

仮想通貨のお話が聞けるとあって、楽しみにしていましたが、お話の内容にはかなりガッカリしました。

久田和広さんは、海外に仕事で行きまくってる、俺は成功者だアピールをされてる割に、

イーサリアムの、スマートコントラクト (賢い契約)技術のことを、スマートコントラスト (賢い対比)と言っていました。

中央集権のことは、中央政権と、ずっと言い続けていました。

金本位制度 (きんほんいせいど)の説明に至っては、

「お金は昔は、石が使われたり、金 (きん)が使われていました。世界中の人たちみんなは、金 (きん)をお金として使おうとしましたが、世界中にある金 (きん)だけだと、足りないことが分かったので、紙幣が生まれました。これが金本位制度って言います。」

的な、全く間違った説明をされていました。

金 (きん)だけじゃ足りないから、紙のお金も使ったのが、金本位制度だという説明で、かなりむちゃくちゃ適当な説明に対しては、誰も突っ込みませんし、会場は全然ザワつきもしません。

zawazawa

「久田さん、間違ったこと言ってるよ。」って気づきもしないバカばっかりしか居ないのでしょうか。

bakamarudashi

よほど、皆さんは、久田和広 (ひさだかずひろ)さんのことを、盲信されているんでしょうね。

金本位制度の紙幣の話をするのだったら、本来は、金と交換できる金の預かり証を起源として紙幣 (兌換紙幣)が生まれたよ。的な、つまり、文字通り、金 (きん)そのものが本位ですよっていう制度が、金本位制度って言いますよ。的なお話をするべきですよね・・・。

金 (きん)だけじゃ、お金が足りないから紙幣を作ったって説明だと、金本位の制度ではなく、どっちかと言うと、金本位制度が崩壊した後の、信用創造だとか、管理通貨制度のことですよね。

そこは間違えてはいけないところなんじゃ?って思うような、金本位制度と、管理通貨制度の話がごっちゃになっていました。

仮想通貨詐欺と相性のいい、ネットワークビジネス

そもそも、言っちゃ悪いですけど、現在の法定通貨 (円やドル)も、詐欺的マインドで生み出された通貨なわけです。

ドルも円も、信用創造っていう、とんでもない詐欺的なシステムで作られてるわけです。

ビットコインは、そういった詐欺的な現在の中央集権的な金融システムを解決するためのに、マイニング (採掘)というシステム (PoW)を使って作られた、資産としての金 (きん)に近い、本来の金本位制度に近い通貨を目指して作られた暗号通貨です。

現在の法定通貨、ドルや円は、信用創造によって、詐欺的に無限に作られています。

だから、今回の話を聞いた限り、すごい詐欺っぽいと思いましたが、ADA (エイダ)を買っても、確かに儲かるかもしれません。

儲かったら、また、儲からなくても、法的には詐欺ではないことになります。

そもそも、通貨というものは、使う人が増えれば、価値が上がるものです。

詐欺的な手法で価値を生み出している、現在の円やドルなどの詐欺的なコインですらそうです。

ですので、詐欺的な方法にしろ、エイダコインのユーザーが増えれば、確かに、詐欺は詐欺でなくなります。

だけど、ADAコインのコミュニティーに集まってる人らを見てみたら、つまんねー奴らの集まりだなって印象しかありませんでした。

こんなつまんない奴らが集まっても、対して何も面白そうなものは生まれないと思いました。

ADAを買うと、儲かる。(実際に上場して400倍になった。)ってことと、量子コンピューター耐性のあるエイダコイン推し。

それくらいの話の内容しかありませんでした。

中央集権を批判していたはずのに、中央集権的な手数料ビジネス??参加費は149500円??

で、ADAコインはもうすでに取引所に上場したわけで、現在は、どういったネットワークビジネスをしてるのか、今回、もらった資料を見てみました。

exc-wallet

普通、仮想通貨のウォレットって、無料で作れますよね。

それが、なぜか初回ウォレット購入費用149500円とか、意味不明の記述が・・・。

資料を見たところ、中央集権を批判していたはずなのに・・・

独自ウォレット、独自カードを用意して、手数料を取り、

その手数料を事業者 (ネットワークビジネスの参加者)で、分配するというような、中央集権的な、手数料ビジネスに参加する費用が、149500円のようです。

あれ??

仮想通貨の売りは、

手数料が、ほとんどかからないこと。

P2P (Peer to Peer)で、中央集権に頼らずに取引できる!!

フィンテック (金融テクノロジー)すごい!!

的な話をしてたはずのに、

わざわざ仮想通貨で、手数料ビジネスやっちゃうんすか。

正直、誰がわざわざ、そんな手数料を無駄に取られるウォレットや、カードを使いたいと思うんだ?と思いました。

しかも参加費149500円ってぼったくりもいいところ。

このようなマルチまがい商法のことを、MLM (マルチレベルマーケティング)と言いますが、

mlm02

画像引用元:http://www.bagushair.com/litalife/2016/04/mlm.html

入会金、14万9500円は、明らかに高額ですので、詐欺っぽいですね。

スポンサードリンク

6 件のコメント

  • 久田和広は現在、東京地裁で詐欺的投資話で出資をさせていた不法行為で1億円以上もの損害賠償事件を起こされています。
    年内に本人尋問と判決も出るそうですので、詐欺認定されればエイダコインを広めてる場合では無くなります。
    また情報が入りましたら公表してやるつもりです

    • あくまでも、この記事は、私がセミナーに参加した感想です。
      私は契約もしていませんし、話も第一部しか聞いていません。
      確実に詐欺とは言えませんが、かなりそれに近い印象は受けたので、第二部は辞退しましたので、詳しい話はわからないのですが、Poohさんはいったいどうされたのでしょうか・・・?
      もし契約内容に不審な点があるのでしたら、20日以内であれば、クーリングオフ (契約の解除)ができると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です