ニート太郎、居酒屋さぼてん(覇王樹)のランチで、エビトン丼を食べました。

スポンサードリンク

ニート太郎は、どこで飯を食べようか?なんて考えながらチャリンコを漕いでたら、エビトン丼という謎の文字を発見。

つい、引き返して見てみた。

なんだ。要するに、カツ丼にエビフライもついてるってことか。

でも、サバの塩焼きと豚の生姜焼きの定食とかも美味そうなので、ここで、ランチを食うことにした。

本日の日替わりの、ぶりの西京焼と豚の生姜焼きの定食も気にはなる。

だがしかし、ここは、はじめに気になった、エビトン丼を頼むことにしよう。

美味しければ、また今度きて、日替わり定食を頼めばいいのだ。

メニューを見たが、あじフライ定食が、390円とか、まるで、のり弁程度の値段で、定食が食えるのがすごいなと思った。

なかなかリーズナブルだ。

ま、美味しければだけど。

届いた。

めちゃくちゃ美味そうやん。

美味い!

揚げたてのヒレカツがとてもジューシィ。

だしの味はだしの素を使ったような家庭的な味。

赤だしのお味噌汁と、冷奴と、お漬物は、たくあんと、壬生菜(みぶな)がついていた。

エビフライがまた美味い。

衣の先っぽまでエビが入ってる。

エビがでかい。

美味い。好きなエビの味。

赤だしの味噌汁も美味い。

なんか鰹節でちゃんと出汁をとってる感じがする、出汁の味が結構ちゃんとしている。

しかし、思った以上に、美味しかった。

チェーン店の場合、だいたいどこでもそこそこの味が楽しめる。

その反対に、知らない店に入るときは、まずいときはまずいし、美味しいときは美味しい。

今回は少し冒険してみたが悪くはなかった。

ごちそうさまでした。

大変美味しかったのだが、たくわんだけが妙に酸っぱかったので、食べるのをやめておいた。

もしかしたら、もともと酸っぱいたくあんなのかも知らんが。

体に悪そうな味はしなかったが、よく分からんので、のこしておきました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です