スマホスピタル心斎橋店の店員さんが、やたら上からの態度で、日本語が全く通じず、その店員さんがすごく怖かったのでバッテリー交換しなかったというお話。

スポンサードリンク

やたらと自己保身だけを主張する変な店員。

えっと、iPhoneのバッテリーを交換しに、スマホスピタル心斎橋店に行ったニート太郎です。

心斎橋店の店員さんは、やたら上から目線の発言だったのと、普通に日本語が通じなさすぎてやばかったです。

同じ修理を頼むのでも、この店では頼まない方がいいなと思ったので、スマホスピタルの心斎橋店でバッテリーを交換するのはやめておきました。

コミュニケーションの取れないおかしな店員さんが多すぎるので、あらかじめ、ICレコーダーで録音、もしくはiPhoneの充電があるなら録音ボタンを押してから、行った方がいいかも知れません。

スマホスピタル心斎橋店の店員さんはやばかった。(個人的な感想です。すべてのスマホスピタル心斎橋店の店員さんがやばいわけではありません。)

二人の店員さん (男性と女性)が出てきたんですが二人とも、おかしな店員さんに見えました。(個人的な感想です。)

日本人の方だったとは思うんですが、僕が普通だと思っている日本語のコミュニケーションが取れない方でした。

男性店員さん

はじめは男性の店員さんでした。

この方がまず、何を言ってるのかわからないコミュ症?的な男性でした。

iPhoneの症状を聞いてこられたので、

「特に故障したとかではないのですが、普通に長く使っててバッテリーが減ってきているから、バッテリーの減りが早いので、バッテリーの交換をしたい。」

という旨を伝えるも、

「症状を聞いているのですが、どういった症状なのですか?」

のように、同じような質問を、どうやら、「症状」という部分を重視して、意味不明に繰り返すコミュ症的な男性。

思った通りの答えがこないのならば、質問を少し変えるなどして、何か聞き出したい、他の答えを引き出そうとする方法をとられないので、私も困りました。

女性店員さん

なので、女性店員と交代になったので、少しほっとしたのですが、この女性店員が、輪をかけてやばい店員さんでした。

バッテリー交換についての注意点をおっしゃるわけですが、

「バッテリーのケーブルを抜き差しするので、電圧がかかるので、iPhoneが起動しなくなる場合がある。」

的な、なんかそんなことを言うわけですよ。

俺「それってiPhoneが壊れちゃう場合もあるってことですか?

と質問すると

女性店員「本体の問題なので。

という、意味不明の返事。(「はい」か「いいえ」で答えられる質問をしたはずだったのですが。)

俺「本体の問題?今普通に使えてて、バッテリーの減りが早いだけなんですが、交換すると、iPhone自体が動かなくなるかもっていうのは、壊しちゃうこともあるって意味ではないんですか??」

女性店員「本体の問題なので。」(また同じことを言い出す。こちらは何が問題なのですか?なんて質問はしていないのにこの答えをされるわけで、私は困りました。)

女性店員「お客様の依頼を受けて開けるわけですから。」(壊れても自分には責任はないと言いたいみたいですが、僕は壊れた場合の、責任の所在はどこにあるのか?なんて質問をしたわけではないんですが、この返答です。お客の依頼を受けてiPhoneを開けるというのと、本体の問題というのと、どう繋がるの???本体の問題という言葉の真意は結局わかりませんでした。)

という意味不明の返事。

俺「・・・??

女性店員の説明「iPhoneのバッテリー交換によって電圧がかかるのは事実。それによって、基盤がおかしくなる場合がある。」

俺「それって、バッテリーの交換したら、iPhoneが使えなくなる可能性もあって、そうなったら治らないってことでしょうか?(壊れるという言葉を使うと、きちんと答えてくれないみたいなので、言い回しを変えて質問してみました。)」

女性店員「基盤自体がそうなるので、iPhoneは起動しなくなります。」

俺「(そういう状態になることを、普通の人は、『壊れる。』って言うんだけどね。普通は。

本体の問題なので。っていう意味不明の女性店員さんの答えは一体何が言いたかったんだ・・・。)」

というような話だったので、

俺「そうなんですかぁ・・。それではまだ別にiPhoneが壊れているわけではないので、使えなくなる場合があるならやめます。」

といった感じで、お店から出て行きました。

ここの店員さんは、おそらく

壊す。壊れる

といった言葉をタブー視し過ぎていて、何を言いたいのが伝わりにくかったのですが、要約すると、

iPhoneのバッテリー交換時に、どうしてもiPhoneの基盤に電圧がかかる作業を行うので、iPhoneを壊してしまうことがありますが、壊れた場合、その保証は致しませんので、壊れたままになります。それでも大丈夫だとご了承していただいた上、バッテリー交換を承ります。

って話だと思うのだが、なんか、その点をボカシまくりで、ここに預けたら壊す気満々なんじゃないか?って感じのトークが超怖かったです。

帰りながら、「あそこの店員さん、なんで喧嘩売ってるような話し方するのかな??あそこの店員さん怖かったね。やばかったね。同じ修理を頼むのでも、ここじゃないほうがいいね。」

みたいな話をしながら帰りました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です