【タピオカ店の店主の主張を嘘だと思った理由は?】木下優樹菜の姉A子さんが叩かれて、タピオカ店の店主さんが叩かれないという不思議について。

tapioca-line

スポンサードリンク

ニートのブロガー、ニート太郎です。

「タピオカ店と木下優樹菜 (きのしたゆきな) さんのお姉さんの問題」について、

前回、他のブロガーさんたちが、ほぼみなさん、一様に、木下優樹菜 (きのしたゆきな) さん側を一方的に叩いてる記事を書いている中、僕は、以下のような記事を書きました。

木下優樹菜 (きのしたゆきな) もヤバイが、そのタピオカ店の店主さんも相当ヤバイんじゃないかと思う理由。顔写真あり。

上記の記事は、別に木下優樹菜 (きのしたゆきな) さんを擁護しようとして書いたわけではありません。

多くの人が、

木下優樹菜 (きのしたゆきな)=芸能人で強者

一般人であるタピオカ店の店主=社会的弱者

と捉えていますが、

僕は、

タピオカ店の店主=従業員に対し強者

従業員のA子さん=弱者

であるとも感じられるので、見方によって物事って違うんだという事をわかってほしいなと思います。

ただ、真実を読み解く際に、

木下優樹菜 (きのしたゆきな) の姉のA子さんの喋り方がアホっぽいからだとか、

木下優樹菜 (きのしたゆきな) のDM (ダイレクトメール) の口調が恫喝 (どうかつ) っぽいという理由にならない理由で、

一方的に悪いのは木下優樹菜 (きのしたゆきな) の方だと決めつけて、

まるでタピオカ店の言い分が全て真実だというようなアホな論調が多すぎたので、僕なりに冷静に分析してみた客観的な視点を持って書いた記事です。

でも最近のSNSに慣れた人は、マジで簡単なインパクトのある言葉・ものごとに単純に飛びつくから、日本語のリテラシー (読み書き) の能力が退化してきてるのかも。

悪い言葉を使ってる人=悪い人

みたいに簡単に思っちゃうみたいね。

てことで、僕は、ヤンキーの木下優樹菜 (きのしたゆきな) の言葉をみんなみたいに単純に恫喝としてではなく、ヤンキー語という方言だと仮定して発言内容に矛盾があるのはどっちかな?

みたいな視点で、前回記事を書きました。

日本人には馴染みないかもしれないけど、英語圏の労働者階級なんて、普通の会話でFuck、Fuck言いまくってるしね。

前回の記事を読んでくださった方から、ニート太郎は芸能事務所の関係者なのでは?という疑惑が。

そこで、前回上記のような記事を書いた際に、以下のように、Twitter上で、「LINEを晒 (さら) したのはおかしい。ニート太郎ってやつ、木下優樹菜の芸能事務所の関係者なんでねーの?」的な指摘をいただきました。

ニート太郎「え。俺、木下優樹菜 (きのしたゆきな) 知り合いじゃないし、LINEなんて知らないし晒 (さら)せる訳ないんだけどw何言ってんだ?」

とか思ったのですが、調べてみると、僕が書いた記事をリツイートされていた、内田拓さんという方が、X氏とA子さんのLINEを公開していて、

ニート太郎「あ。この人、内田拓って人と俺の事を同一人物だと思ってそういう発言をされているのかwww」

って思ったので、この内田拓さんがTwitterにあげていたX氏とA子さんのLINE画像を今回は分析してみました。

そもそもの問題の、タピオカ店の店主さんの主張はどうなの?って話を書こうと思います。

タピオカ店の店主と木下優樹菜 (きのしたゆきな) の会話がTwitter上で暴露されていた。

今回は、「木下優樹菜 (きのしたゆきな) の姉が働いていた、タピオカ店の店主X氏」と、「木下優樹菜 (きのしたゆきな) の姉A子さん」のLINEアプリ上での会話とされる画像が内田拓さんによって、Twitter上で挙げられていました。

もしこれが本物の画像なら。

タピオカ店の店主X氏は嘘つきの悪人なんじゃないの?と思ったので、そのことについて書いてみようと思います。

以下のようなLINEアプリのやりとりが、Twitter上で公開されていました。

その1

その2

このTweetに対するリプ (返信) を見ると、

「お店の方になんの非があったのか全く分かりません」や、

「これ見たところでタピオカ屋何が悪いのかわからない」などと書かれていたのですが。

ニート太郎的には、

「え。これが事実なら、タピオカ店の店主さんってとんでもない悪人 (の可能性がある) やんw」

とか思ったんだけど、なんでみんなはこれを見ても、タピオカ店の人は悪くない人だって思うんだろう。

めっちゃ謎。不思議ですらある。

とりあえず、理解できてる人側の方がマイノリティ (少数派) っぽいので、その少数派の意見を多数派の人に向けて解説してみることにしました。

先ほどのタピオカ店の店主 (左) と、木下優樹菜のお姉さんのA子さん (右) のやり取りのLINE (ライン) の画像をひとつの画像にまとめて以下に載せてみることにしました。

そのX氏とA子さんの会話のLINE画像を分析してみた。

そのままの画像ではわかりにくいかと思ったので以下のように画像をまとめてみました。

これで一連の会話の流れはわかるかと思います。

左がタピオカ店の店主X氏

右が木下優樹菜の姉のA氏だと思われます。

X氏とA子さんのLINEのやりとりの画像まとめ

X氏とA子さんのLINEのやりとりの画像まとめ

上記のLINEの会話をまとめると、

X氏が主張している、食品衛生管理者のプレートが盗難されたという主張そのものに信憑性がないことがわかる。

僕がA子さんの立場で、もしこんな会話されたなら、僕だってタピオカ店の店主のX氏に不信感抱いちゃうと思います。

タピオカ店の店主の発言が嘘だと断定はできないけども、A子さんがタピオカ店の店主の発言に対し、「嘘つかないでょ。」と思ってしまう理由は理解できる。

内田 拓さんがTwitter上で、「プレート盗難は、店主の自作自演です。」

と思って発言してしまうのも仕方ないかなとは思います。

それが現時点では事実かはわかりませんが、

X氏の言うように盗難事件があったのが事実とするなら、「警察に相談した。」とか、「保健所に確認した。」と言ってるX氏の発言がことごとく嘘である理由がわかりません。

警察に通報して、防犯カメラをチェックすれば犯人がわかると思いますけど、X氏はなぜしないのでしょうか?

「警察に相談した。」とか、「保健所に確認した。」と言ってるX氏の発言がことごとく嘘なのであれば、食品衛生管理者のプレートが盗まれたというX氏の発言そのものが、信憑性がないということになります。

いや、別に僕としたらどっちでもいいんだけど、変じゃない?

この点はっきりさせたら、タピオカ店の店主さんのX氏の疑惑が晴れると思うんですが。

木下優樹菜 (きのしたゆきな) が非難されるのはわかるが、姉のA子さんは何も悪くないやろ?と思う次第

世間的にはA子さんを含む、木下優樹菜 (きのしたゆきな)さん側に一方的に非難が集中しています。

恫喝 (どうかつ) めいたDM (ダイレクトメール) の件に関しては完全に木下優樹菜 (きのしたゆきな) さんに非がありますが、それ以外、問題の根幹である、タピオカ店の店主X氏とA子さんの問題に関して言えば、木下優樹菜 (きのしたゆきな) の妹のA子さんが世間から全く咎められる要素が見当たらないんですけど…。

恫喝 (どうかつ) という、インパクトのある言葉に誤魔化されて、世間は事の本質を理解できていないのでは?という疑問からこの記事を書いてみました。

ニート太郎的には、世間で言われているように

木下優樹菜 (きのしたゆきな)=恫喝する怖い人

ではなく、

ヤンキーのほんまもんのただのアホ。

でしかないと思うのだが。

良いことだとは思わんけどな。

アホやから、あんなDM送っただけちゃうか…。

擁護したらワイも責められる思うからこのくらい↓しか言えんけどな。

あえて言うなら、木下優樹菜 (きのしたゆきな)は、お姉ちゃん思いのアホなヤンキーの女の子で、たまたま芸能人になっちゃったって感じやろか。

アホに対して、非難浴びせてるあんたらもアホやでって思う次第。

ワイからしたら、人間的な怖さを考えたら、「保健所に確認済み」を「ホームページで確認した。」にさらっと言い回しを変えて自身の発言の責任を回避して平然としていられる、タピオカ店の店主さんの方がよっぽど怖い人の可能性もあるんちゃうか?って何でみんなは思わないのか、そこが不思議やなぁ。

ま、木下優樹菜 (きのしたゆきな) が芸能人としてあるまじき行為をしたのは事実だから非難されるのはわかるで。でも、

現時点で、「A子さんが非難されてるのはおかしいと思うで。」っていう話でした。

言うてもワイ、別に木下優樹菜 (きのしたゆきな) の特別なファンでも関係者でもないし、特別、木下優樹菜 (きのしたゆきな) を擁護してる訳でもないし、客観的に中立で思ったこと書いてるだけやから、変にこれ以上意見求められても困るで。

またなんか情報入ったら、その情報をもとに記事書くかもやけど、現時点の情報では「ワイはこう思うよ。」っていう単なる一般人の意見やってこと分かってな。

最後に追加。恫喝 (どうかつ) は本当に犯罪行為なのか?

Twitter上では、木下優樹菜 (きのしたゆきな) さんの恫喝 (どうかつ) めいたDM (ダイレクトメール) をめぐって、この記事を書いた僕に対し、

「恫喝 (どうかつ) は犯罪です。」

との声や、

「木下優樹菜 (きのしたゆきな) は恫喝 (どうかつ) という犯罪行為をしているわけだから、犯罪者を庇 (かば) うのはおかしいのでは?」というような意見を投げかけられます。

上記のように、恫喝 (どうかつ) イコール犯罪だと思っている人が多いみたいです。

さて実際に恫喝 (どうかつ) は犯罪行為なのでしょうか?

結論を言いますと、恫喝 (どうかつ) と犯罪はイコールではありません。

刑法で定められたものの中に、恫喝 (どうかつ) という罪 (つみ) はありません

ただし、恫喝 (どうかつ) によって、以下の3つの犯罪行為が生まれる可能性があります。

  • 相手に対し義務にないことを無理やりさせた (させようとした) とか、相手の行使を妨害した (やろうとしていることをできないようにした。) 場合は、強要罪・強要未遂罪になる可能性があります。
  • また、金銭を交付させたり (お金を払わせたり) 、債権を免除 (借金を踏みたおしたり) して経済的利益を得た (得ようとした) 場合は、恐喝罪・恐喝未遂罪になる可能性があります。
  • 恫喝 (どうかつ) のみですと、脅迫罪になる可能性があります。

が、上記の全ての恫喝 (どうかつ) が、犯罪行為になる可能性があるというだけで、恫喝 (どうかつ)、即 (そく) 、犯罪行為。とはならないんです。

ではその、恫喝 (どうかつ) が、どのような場合においては犯罪行為となり、どのような場合は犯罪行為とは認められないのでしょうか?

それは、恫喝 (どうかつ)  を行うに至った理由が、客観的に見て、合理的な理由があるかないか、違法性があるかないかで決まります。

今回の場合は、木下優樹菜 (きのしたゆきな) さんの姉 (身内の人間) が、タピオカ店の店主から、不当な扱いを受けていることについて、木下優樹菜 (きのしたゆきな) さんが解決しようと恫喝 (どうかつ) に至ったわけであり、客観的に見て合理的な理由があると判断できますし、情状も酌み取られますので、個人的な見解ですが、犯罪行為とまで認定されることはあるわけがないと考えています。あくまでニート太郎の個人の見解としてですが。

この話が解りにくかった人へ、難しくない簡単なたとえ話。 (ドラえもんに例えると。)

空き地で悪さをしている (しようとしている) 子供達 (ジャイアンやスネ夫) がいる時に

神成 (かみなり) さんが、怒鳴って子供たちを恫喝 (どうかつ) しても、

神成 (かみなり) さんには脅迫罪 (きょうはくざい) が適用されない

ということです。

恫喝 (どうかつ) 自体は犯罪ではないのです。

あ。

上記の話は、刑事の話で、実際問題、「タピオカ店が法的措置も検討。」とか言ってるのは民事のことです。

ついTwitter上で恫喝 (どうかつ) は犯罪とか言われてるので、刑事の話をしましたが、

タピオカ店が検討してるのは、民事訴訟です。

木下優樹菜さんの側から裁判でお金をとろうとしてる

ってことです。

ちょっと実際の問題とは関係ない話をしてしまった…。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です